おにきち

余生を楽しく過ごしたい工場勤務のサラリーマン。

スポンサーリンク

粗利率ってなーに? 

スポンサーリンク

どうもこんにちは。

おにきち(@_onikichi_)です。

 

たまに粗利って言葉を聞くんですけど、それってなんですか?

僕は全然わからないし説明もできないので調べてみました。


f:id:wonioni:20181229021028j:image

粗利とは

まず粗利とは、「売上総利益」のことです。
つまり「売上高-売上原価」の計算式で求められる金額です。

もっと簡単にいうと儲けた金額です。

 

次に予備知識としていくつか見ていきましょう。

 

利益とは

利益とは皆さんわかっていると思いますが、

収入-支出」の計算式で求められる数字です。

「いくら儲けたか?」を表しています。


売上高とは

売上高とは「本業で得た収入」です。


売上原価とは

売上原価は「売れた製品(商品)の原価」です。

 

売上総利益とは

売上総利益とは「売上高-売上原価」の計算式で求められる金額です。

 

つまり、売上総利益は本業の利益を表現しています。

売上高-売上原価=売上総利益

の計算式さえ暗記しておけば困ることはないと思います。

以上を踏まえて、売上総利益の別の呼び名が「粗利(アラリ)」です。
売上総利益」=「粗利」なのでこれだけでも覚えておきましょう。

 

粗利率とは

最後に粗利率の計算式もチェックしましょう。
粗利率の計算の仕組みはいたってシンプルです。

粗利率とは、売上高に対して何%分の粗利を獲得できたかを計算したものです。

粗利率(%)= 粗利 ÷ 売上高 × 100

というようになります。

 

例えば、3,000円のものを売り上げた商品があります。

その商品の原価は600円です。

よって、

売上総利益=3,000円(売上高)-600円(原価)で2,400円となります。

 

粗利率=2,400円(売上総利益)÷3,000円(売上高)×100=80%になります。

 

よってこの場合の粗利率は80%となるのです。

 

粗利率・・・売上総利益÷売上高。
売上総利益・・・売上高-売上原価。



f:id:wonioni:20181229021045j:image

スポンサーリンク