スポンサーリンク

バターとマーガリンの違い 

スポンサーリンク

どうもこんにちは。

おにきち(@_onikichi_)です。

 

バターとマーガリンの違いって知ってますか?

僕は全然知らないんですよね。

料理とかに使うのってバターってイメージなんですけど、マーガリンの方が安いじゃないですか。

そしたらマーガリンでよくない?って思った時期がありました。

 

それと僕は小さいときは家にマーガリンがあったので、パンにはマーガリンを塗って食べてました。

でもバターの方がおいしいイメージがあるんですよね。

それで昨日、ふと思い出して気になったので調べてみました。


f:id:wonioni:20181227175643j:image

 

目次

 

バターとマーガリンの違い

まず、バターとマーガリンの違いは

動物性脂肪植物性脂肪か、という点です。

 

  • バターは80%以上が動物性脂肪(牛乳)で出来ています
  • マーガリンは80%が植物性脂肪(オリーブ油、ごま油等)で出来ています

どちらも80%以上と、ほぼ脂分なのですが、原材料が大きく違います。

 

バターとは


f:id:wonioni:20181227223656j:image

バターの原料は主に牛乳で、生乳や牛乳に含まれる脂肪分を抽出して、固めたものがバターとなります。

バターは乳脂肪(牛乳の脂肪分)が主成分であることから、香り、風味がよく、コクがあります。

バターの特徴として、冷たくなると固まる性質があります。

逆に20℃くらいの常温に置いておけば、パンなどにも塗りやすい柔らかい状態になります。

しかしバターにはデメリットとして、酸化しやすいという欠点もあります。

 

マーガリンとは


f:id:wonioni:20181227223714j:image

マーガリンは主に植物油脂が使われることが多く、「大豆油」「コーン油」「菜種油」「パーム油」等が使用されています。

マーガリンはバターと違い、匂いがあまりなく、さっぱりしています。

マーガリンはなめらかなやわらかさが特徴です。冷蔵庫に入れておいても硬くならず、出してすぐパンに塗れる使い勝手のよさが魅力です。

また、バターに比べてあっさりとした口当たりなので、サンドイッチなどほかの素材と合わせるときには、マーガリンが便利です。

 

バター(動物性脂肪)の弱点

動物性脂肪で作られているバターの最大の弱点として、植物性油や、魚油と比べて、コレステロール値が上がりやすいことです。

1日に適量とされる動物性脂肪の量は、スプーン大さじ1.5~2杯分くらいなんです。

バターを塗ったパンを2~3枚くらい食べたら、
簡単に1日分の適量なんて超えちゃうんです。

食べ過ぎると、肥満はもちろん、コレステロール値の上昇や、動脈硬化などの健康被害が出てきてしまいます。

 

マーガリン(植物性脂肪)の弱点

マーガリンの脅威はトランス脂肪酸

バターと違い、人工的に作られたマーガリンは、冷蔵庫でも固まりすぎず便利で、価格もバターよりも安価です。

最近はカロリーオフなど、健康面に気を使って提供されているものも多くあります。

しかし多くのマーがーリンには、程良い固さにするためや、口どけの良さを追求するために食用精製加工油脂が使われています。

食用精製加工油脂の中には、石けんなどの原料としても利用される硬化油脂が含まれています。

そして、その製造過程でトランス脂肪酸が生成されます。

つまり、マーガリンの状態を保つためには、工業用にも使われるよくわからない材料が入ってるんです。

それは大丈夫なのか!?

 

トランス脂肪酸って?

トランス脂肪酸は、健康被害があり、アメリカでは規制の流れになってます。

海外の多くの国では、一定量以上のトランス脂肪酸を含む場合は、食品にその旨を明記しなければいけない法律があります。

しかし、日本だと民間任せになっており、

「食用精製加工油脂」

という、よくわからない材料名が書いてあるだけなんです。
実はここに、多くのトランス脂肪酸が含まれていることがあるんです。

トランス脂肪酸の特徴

  • 悪玉コレステロールが増えて、善玉コレステロールが減る
  • 心臓病のリスクを高める
  • 突然死、糖尿病、高血圧、メタボ化のリスクを高める

このようなリスクがあるのです!

せっかくコレステロール値の低い材料を使っていても、カロリーオフにしても意味がないのです。

結果的に、体に害がある成分を含んでいるのでマイナスの効果により、肥満やメタボになる可能性が高まってしまうのです。

 

どれにどのくらい入っているのかもわからないまま、スーパーなどで普通に売られているというのが現状なのです。

実際にどれくらいの害が有るのかは正確なことはわかりませんが、リスクがあるものをわざわざ摂取することはないと思います。

 

まとめ

バターもマーガリンも、結局は油分です。
高カロリーなので、摂りすぎたら体に悪いことは考えなくてもわかります。

なので、なるべく原材料が明確で加工物を含まない食品を利用するというのがいいのです。

また、野菜などを多く食べることも大切です。
野菜は、油で酸化した体をキレイにしてくれます。

 

特にマーガリンは、本来食べ物ではない、加工物を含んでいて、詳しくはわからないのに体に悪影響なことだけわかってます。

なんと今回話に出てきたトランス脂肪酸は、マーガリン以外にも、クッキー、ケーキ、スナック菓子などにも含まれているというのです。

こんな身近なものと思いますがそれが事実です。

この機会に、普段食べてる食べ物に何が使われているのかを意識してみた方がいいと思います。

 

まさかこんなにマーガリンが体に悪いものだと思いませんでした。

子供の頃よく食べてしまった僕は大丈夫なのでしょうか。

これからはちゃんと栄養を意識して食事をとることにしたいと思います。

 

スポンサーリンク