おにきち

余生を楽しく過ごしたい工場勤務のサラリーマン。

スポンサーリンク

コンビニ人間

スポンサーリンク

どうもこんにちは。

おに吉(@_onikichi_)です。

 

今更ながら、第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香氏の『コンビニ人間』を読みました。

 

結果から言いますと、読みやすくて面白い本でした。

「普通」ってなんだろうと考えさせられました。

 

いわゆる「普通」の人間がこの世の中では求められている人間。

でもそれはみんなと同じように生きていくしかない人生でもあると思いました。

 

僕は人それぞれ違うんだから、主人公のことも受け入れろって思っちゃいましたね(笑)

でも主人公のように黙らすためにとった行動などにはビックリしました。

これはちょっとなにかの病気なのかな?

でも基本的には、迷惑をかけてないようなので、その辺の「普通」の人間よりは世の中のために生きていけてるのではないかと思いました。

 

しかし主人公のまわりにいる、「普通」と言われている人間は、ちゃんとした所で働いて、結婚して、子供を生んで暮らしていくのが「普通」って考えはいかがなものかと。

しかもその考えを押し付けてくる。

それはもう洗脳のようなものだなと考えさせられました。

 

今年辺りから考え方が変わったから、こんな風に思うのかもしれませんが、僕の友達も主人公の友達と同じ考えの人がいるため、そういう人とは疎遠になってきました。(笑)

なので、ちょっと主人公の気持ちが理解できました。

 

しかし、最後には主人公が自分の居場所を見つけることができてよかったです。

 

 
スポンサーリンク