おに吉

雑記ブログ 楽しく余生を過ごしたい工場勤務のサラリーマン。

スポンサーリンク

2019年にドコモショップ完全予約制に!

スポンサーリンク

どうもこんにちは。

おに吉(@_onikichi_)です。

 

知ってましたか?

2019年からドコモショップが完全予約制になるんです。

正直そんなことして大丈夫なのかなと思ったんですよね。

でも完全予約制にすることによって、ドコモショップスタッフや家電量販店の販売スタッフには「期待と不安」があるみたいです。

 


f:id:wonioni:20181127174627j:image

 

目次

 

期待できることは?

近年、ドコモショップでは混雑が常態化し、ときには2時間以上の待ち時間を案内されるドコモショップの待ち時間が、完全予約制になることで解消されるという期待が見込めます。

お店で待たされるストレスから解放されることで、サービス満足度が向上すると考えられています。

店舗で働いているスタッフにも、ユーザーを長時間待たせないで済むというメリットがあり、余裕をもって仕事をこなすことができるはずです。

それ以外に、閉店時間ギリギリに来たお客さんのために閉店時間を大きく過ぎて対応しなければならないことも減ると思われています。

これだけを聞くと、完全予約制にすることはとてもいいことだと思いますが、実は不安な部分もあるんです。

 

不安なこととは?

まずドコモショップが完全予約制になったことが認知されるようになるまでに時間はかかると思います。

実際に働いているスタッフから

「予約のないお客さまとトラブルになりそう」や、「予約制だからこそ、予約した時間にすぐに手続きに入れないお客さまが出てしまうと、今まで以上にクレームに発展しそう」などといったという、トラブルを懸念する声上がっているのも事実です。

ショップは長時間の待ち時間が当たり前ですが、「この日なら待たされないのでは」と考え来店する利用者も少なくないです。

わざわざ時間を作ってきた中で、完全予約制を知らずに来店しても店舗は対応できず、この利用者には諦めてもらうしかないということになり、そこからクレームに発展する可能性があるという声は大きいのです。

 

ただ、これらの懸不安は考えは「完全予約制」というのをショップ側や利用者が周知し、理解していけば防げることです。

それよりも移行トラブルの懸念以上に、

現役のショップスタッフからは「儲からなくなるのでは」という心配があるそうです。

 


f:id:wonioni:20181127174158j:image

 

完全予約制にすると儲からなくなる?

なぜ儲からなくなると言いますと、

完全予約制になると1日に応対できるお客さまの数に限りが出るからです。

予約制にすることで、販売できる台数が減り、受付できる手続きの件数も減るのは確実です。その分だけショップに入る手数料が減ってしまうので儲からないと言うことです。

 

完全予約制にすることで、ショップ以外に影響はあるのか?

携帯電話を取り扱うお店は、ドコモショップのようなキャリアショップだけではないですよね。

僕も買うときはドコモショップ以外の家電量販店で買うことが多いです。

完全予約制になることにより、ショップで予約できなかった人たちが家電量販店で手続きなどできないかという相談が増え可能性は大いにあります。

それによって、家電量販店のスタッフが他の販売に集中できないといった状況に陥るかもしれません。

ドコモショップのシワ寄せがきてしまうのではないかという不安の声も販売員の中であるくらいです。

 

サービス向上のためには変革も必要です。

しかし、ユーザー側の気持ちももっと考えてくれるといいなと思いました。

ショップや販売員の増加や、

簡単に手続きができるようにするなどといった情報もあるもではないかと個人的には思いました。

 

どうしても混雑を避けたいなら?

どうしても混雑を避けたいなら、オンライン手続きがいいと思います。

会社でもオンラインで機種変更を行ってる人がいました。

聞いた話では数日携帯電話が使えないようなことを言ってましたが、それが不便と感じない人ならオンライン手続きがおすすめです。

僕もちょっとしたプラン変更やオプションなどの手続きはオンラインで行っているので是非一度お試しあれ。

スポンサーリンク