おに吉

雑記ブログ 楽しく余生を過ごしたい工場勤務のサラリーマン。

スポンサーリンク

クローズド・クエスチョン

スポンサーリンク

おに吉(@_onikichi_)です。

 

こちらをご覧の方は、

クローズド・クエスチョンがどんなものかお分かりでしょうか?

また、普段の会話や仕事などに利用していますでしょうか?

 

 目次

 

クローズド・クエスチョンとは?

クローズド・クエスチョンとは、

「yes」や「no」で答える方法や回答範囲が限られている質問の仕方です。

 

クローズド・クエスチョンは一般的に、会話を盛り上げるためには活用されないと思われがちです。

しかしクローズ・ドクエスチョンには、いくつものメリットがあるのも事実です。

実は、クローズド・クエスチョンをうまく使うことで、相手との会話を広げるきっかけにもなります。

また、質問者が話題を決定することができるため、会話をコントロールすることもできるのです。

 

 

クローズドクエスチョンのメリットとは?

  • 初対面の人と打ち解けやすい
  • 相手から答えを素早く得ることができる
  • 事実を明確にすることができる
  • コミットメントを得られる
  • 話題をコントロールできる

まずはクローズド・クエスチョンを繰り返して「yes」という答えをもらうことが初対面の人と打ち解けるのに有効です。

そして同意してもらうことで共感できるポイントがたくさんある相手だと認識してもらうことで信頼関係を築いていくのです。

 

「この仕事やってくれるか?」といわれて、「任せてください」という流れになれば、任された人は頑張ろうと思います。このようにコミットメントを得たいときには有効でしょう。

 

 

クローズド・クエスチョンのデメリットとは?

  • 質問され続けると尋問されているように感じる
  • クローズド・クエスチョンだけでは会話が広がらない

クローズド・クエスチョンは

答えが「yes」か「no」で完結します。

親しい仲でないと、そのひとことの答えで終わってしまいますよね。

よって、クローズ・ドクエスチョンのみで盛り上がる会話をすることは難しくなりるので、クローズド・クエスチョンの使いすぎには注意が必要です。

 

 

クローズド・クエスチョンも使い方次第

クローズド・クエスチョンも適切な使い方をすることによって、会話を盛り上げる場を作り上げるのにはとても有効です。

まずは初対面の人とはクローズド・クエスチョンで♪

あとあまり親しくない人と話すときにも会話の流れを意識して、積極的に活用してみるのもいいのではないでしょうか。

そうすることによって今までにはなかったコミニュケーションの取り方ができるかもしれません。

クローズド・クエスチョンはメリットもたくさんあるということを証明しましょう。

 

 

オープンクエスチョンについてはこちら

www.onikichi.com

 

 

スポンサーリンク