おに吉

雑記ブログ 楽しく余生を過ごしたい工場勤務のサラリーマン。

スポンサーリンク

リンス、トリートメント、コンディショナーの違いって?

スポンサーリンク

リンス

トリートメント

コンディショナー

この3つの違いってなにか答えられる?

 

僕は残念ながら答えられなかった。

 

 

 

基本的にはシャンプーで、

髪と頭皮を洗ったあとに使用するもの。

効果の違いあまり変わらないけれど、

ちょっとした違いがあるらしい。

 

 

リンスとは

髪の表面を保護する

  • 髪の表面をコーティングして保護し、キューティクルの傷み防ぎながら指通りをよくする効果がある。
  • リンスをすることで髪に油分を補い、それと同時に髪の水分が蒸発するのを抑えることができる。
  • リンスはトリートメントと違い時間をおいても髪の内部には浸透していかないので、なじませたら流してしまってよい。

 

トリートメント

髪の内側から回復させる

  • トリートメントは、紙表面の状態を整え、髪に栄養や油分を補い、ダメージをケアしながら本来の健康な髪に導くのが目的。
  • 表面が傷んで内部のタンパク質が溶け出してスカスカの状態になった髪に、元る成分を染み込ませて気を与え内側から髪を回復させるのがトリートメントの役割。
  • リンスと違い、10分程度時間をおいて浸透させるのが必要。

 

コンディショナー

リンスよりやや効果が強い

  • コンディショナーは、リンスと役割は同じだが、より髪の毛の表面を整える力が強いものをコンディショナーとする場合が多い。
  • リンスよりさらに、保湿効果を高めたものをコンディショナーと呼ばれるようになった。

 

 

うまく使い分けよう

リンスとコンディショナーはほとんど同じだが、トリートメントはとの違いはこういうことだったのか。

 

時間に余裕がないときはリンスかコンディショナー。

余裕があるときにはトリートメントという風に使い分ければいいと思う。

 

 

ただ共通して言えるのは、

すすぎ残しがないようにすること!

 

頭皮にすすぎ残しがあると、

薄毛や抜け毛の原因になることを忘れずに!

 

 

あとは洗ったらよく乾かす!

ちゃんと乾かさず濡れたままでいると、

頭皮に雑菌が繁殖してしまう。

雑菌は栄養分を食べるので、

髪が栄養不足になってしまうので気を付けよう。

 

自分の髪は自分で守るしかない!

スポンサーリンク