おに吉

雑記ブログ 楽しく余生を過ごしたい工場勤務のサラリーマン。

スポンサーリンク

借金への思い込み

スポンサーリンク

みんな借金ってしてるのかな?

こないだイケハヤさんが

Twitterで地銀に行ったことや、

ボイシーで喋ってたこと聞いたら、

自分がどれだけ借金のことがわかってないのか思い知らされた。

 

今まで借金は貧乏でお金に困っている人達がどうしようもなく、生活できないときに借りるものだと思っていた。

そして、金利も高くて、返せなくなって自己破産していくしかない怖いものだと思っていた。

 

 

しかし、経営者などは

今以上に儲けるためにって言い方良くないかもしれないが、もっと利益をあげるのに必要なものだと聞いてびっくり!

 

なんでお金借りてるのに儲かるの?

いみわからない、、、

自分と同じように思ってる人は多いはず。

 

じゃあなんで?

 

それはお金を借りることによって、

他にやりたいことや、いいアイディアがあるのにできないのはもったいないし、絶対これをやればもっと利益が出ると思うものがあるなら絶対借金したほうがいい!ということ。

 

 

例えば1000万円借りたとして、金利は3%としよう。

ということは、30万円。

この金利分以上利益を出すことができれば、借りたとしても全く問題がない。

 

 

だから経営者は

お金を稼ぐため、産み出すために、お金を仕入れて、事業を作り、またお金を作り出す。このサイクルの繰り返し。

 

対して消費者は

ただお金を借りて、

そのお金を返済していく。

この繰り返しのため、借金にたいして悪いイメージを持っている。

それに、ドラマや映画、漫画などでも

借金で人生崩壊していくストーリーを描いているものが多いので、このような固定観念を持ってしまうんだと思う。

 

先程もいった通り、

こんな事業を行えば成功する。

とてもいいアイディアがあるからもっと利益を伸ばせる。

これが確信しているなら借金はするべき。

 

 

経営者の経験はないから

こんな考えに至らなかったけど、

お金があるからお金を借りるんだなぁ。

経営者や、自分で事業を行っている人はそういう考え方の方たちばかりなんだなぁ。

また考え方変われたな♪

スポンサーリンク